[ヘルプデスク]ヘルプデスクについて

ホーム » Windows11 » [ヘルプデスク]ヘルプデスクについて

■このページを読んでわかること

ヘルプデスクの仕事内容
ヘルプデスクの年収
ヘルプデスクの注意点
ヘルプデスクの良いところ・悪いところについて

■対象者

IT業界への転職を考えている方
ヘルプデスクの業務内容など知りたい方
現在ヘルプデスクで勤務しているがキャリアが不安な方


〇ヘルプデスクの仕事内容

まず、ヘルプデスクとはなにかというところから書きたいと思います。
IT面でのユーザーサポートや保守を行う職種になります。
実際の仕事の割合的には最初は4割がIT知識が必要な業務6割が不要な業務くらいの割合です。
未経験の方の多くが、ここに配属されることが多いと思います。


〇ヘルプデスクの年収

ヘルプデスクの平均年収はSES形態であれば
初年度が270万くらいで管理職の方で350~400くらいになると思います。
ネット上ではもう少し高い風潮があります。
現実的なラインとしては、上記くらいになると思います。


〇ヘルプデスク業務上の注意点

当然ですが、エンジニアとしての能力的とITリテラシーが最低限度は求められます。
特に注意が必要なのは、セキュリティの考え方になります。
その中でも、外部共有フォルダやドライブの扱いには細心の注意を払ってください。
私自身も理解しておらず一度ミスしたことがあります。
影響範囲が社内だけとはいえ、大人になってあんなに頭を下げたのは最初で最後です。
ITパスポートやセキュリティマネジメントを取得して、ITリテラシーを身につけましょう。

created by Rinker
¥1,298 (2024/05/27 18:17:32時点 楽天市場調べ-詳細)

〇ヘルプデスクの良いところ・悪いことろについて

良いところ
・未経験でも決まりやすい
・キャリアを選べる
悪いところ
・便利屋さん
・思考が必要


良いところ未経験でも決まりやすい

今後2030年度を目途にIT人口が約80万人近く不足すると言われております。
そのため、現在多くの企業がIT知識のある人材を欲しています。
ヘルプデスクは先述でも記載しましたが
IT知識がない業務の割合が他のエンジニアに比べると多ため。
未経験だろうと、年齢が気になる方だろうと比較的なりやすいと思います。


良いところキャリアを選べる

ある程度業務に慣れてくると、IT分野の仕事の割合も増えてきます。
そこで、IT分野の基礎を身につけることができると思います。
正直他のエンジニアよりも取得範囲はとても広いです。
いろんな分野の知識の基礎を取得できるのでその中で興味のある分野を探してみてください。
そして、長くても3年以内には見切りをつけたほうが良いです。
ヘルプデスクになることは比較的容易ですが、そこからの転職は積み重ねがないと難しいです。
私は一瞬でもよぎった時には、転職サイトに登録したり、エージェントに相談したりしていました。
ヘルプデスクの業務自体が嫌いでない方は、キャリアとして社内情シスを目指すとよいと思います。


悪いところ便利屋さん

先述で最初は4割がIT知識が必要な業務6割とかきましたが
そうではなくなってしまう場合もあります。
部署という視点で見ると情シスでなく、総務やコンシェルなどの所属になる方もいると思います。
そうなるとついでに、そういった部署の業務を手伝ってと言われ気づいたら
雑用やサービスデスクのような事ばかりということがあります。
こうならないためにも、しっかりと出来ることを少しずつ増やしていきましょう。


悪いところ~思考が必要~

どの仕事もそうですが、IT業界は特に勉強が必要です。
自分で目標を決めてコツコツとやる必要があります。
私は目標を立てることが苦手だったので、資格取得を目標にしていました。
こちらの記事でも記載していますが、まずこの3つを目標に頑張ってください。
日頃の業務から全体像を意識するとより吞み込みが早くなると思うので
意識して取り組んでみましょう。


■最後に

ヘルプデスクに最初になったことをラッキーだと捉えてしっかりと基礎知識を学びましょう。
一気にやるのでなく、毎日少しずつコツコツと頑張りましょう。

タイトルとURLをコピーしました