[Chat GPT]Chat GPTに小説を書かせてみた。

ホーム » 役立つ・小ネタ » [Chat GPT]Chat GPTに小説を書かせてみた。

■対象者

Chat GPTでなにができるか知りたい方
小説を書いているが、補助ツールが欲しい方
Chat GPTに興味はあるが、使用したことがない人

はじめに

Chat GPTの登録がお済でないかたは、こちらから
※ChatGPTは検索内容に関してはAI学習データとして、利用することを規約に記載しています。

実際に書いてもらった

ある晩、夫婦二人で暮らす小さな家の中で、妻の手から料理が落ちてしまった。

「ごめんなさい、私……」

妻は顔を赤らめ、落としてしまった料理を拾い集めようとするが、手に熱い鍋つかみを持っていた夫がすぐに手を差し伸べた。

「大丈夫か?火傷はしていないか?」

夫は心配そうに妻を見つめ、手を引っ張って座らせると、自分で料理を拾い集めた。

「私がやるよ。お前は手を冷やしてて」

妻は恥ずかしそうにうなずき、冷たい水で手を洗いながら夫の様子を見守った。

夫はほどなくして料理を完成させ、妻に盛り付ける。

「ごめんね、手伝ってあげられなかった」

妻が謝ると、夫は優しく微笑んだ。

「いいよ、俺がやったから。俺がお前を助けるのが、夫としての役目だから」

そう言って夫は妻の手を取り、やさしくキスをした。

二人の愛情が、その家の中に満ちあふれた。

終わり

私自身執筆をしたことはありません。
しかし、入力してから5秒ほどで上記の内容は記載されました。

次はある程度設定を入力してみます。
設定は下記になります。

登場人物
男:家主
女:専業主婦
犬:主人公
おじいさん:女のお父さん

二世帯住宅で過ごす普通の家庭
犬視点で進む物語。

自分で書いておいてよくわかりませんが、上記で書いてもらいましょう

「犬の物語」

僕は、この家に引っ越してきたばかりの時、緊張で興奮しすぎて、一日中ウンチを我慢しっぱなしだった。

でも、今ではここが僕の大切な家。家主と専業主婦の夫婦が暮らしているんだ。僕は、犬としてはとても幸せな生活を送っている。

でも、ある日、家主が出張に出かけ、専業主婦は買い物に出かけてしまった。

僕は、留守番をすることになった。しかしながら、しばらくすると、近所のおじいさんがやってきた。

おじいさんは専業主婦のお父さんで、僕にとってはとても懐かしい存在だった。でも、僕が彼を見ると、彼は悲しそうな顔をしていた。

「おじいさん、どうしたんですか?」と僕は尋ねた。

おじいさんは、深いため息をついて言った。「あのね、おばあさんが先月、天国に行ってしまったんだよ。それで、今日はおばあさんのお墓参りに来たんだ。」

僕は、おじいさんの言葉に驚いた。だって、この家にはおばあさんという人はいなかった。それなのに、おじいさんはこの家に来た理由をお墓参りだと言う。

おじいさんは、僕に向かって話しかけた。「犬さん、君に頼みがあるんだけど、僕に付き合ってくれないかい?」

僕は、おじいさんを心配そうに見つめた。彼は、本当に悲しそうな顔をしていた。僕は、彼を助けたいと思った。

「わかりました。おじいさん、ついていきます。」と僕は言った。

おじいさんは、ありがとうと言って、僕を連れて歩き始めた。歩いているうちに、僕たちは小さな公園に到着した。

公園の中央には、小さなお墓があった。おじいさんは、そこに花を供えた。僕は、おじいさんが立ち上がるまで、そばで待っていた。

おじいさんは、僕を見つめて言った。「ありがとう、犬さん。君がいてくれたおかげで、とても心強かったよ。」

僕は、おじいさんに尾を振った。彼が幸せであるなら

最後に

内容の良しあしは、わかりませんが決めた設定を守ってこの速さで生成してくれます。
実際に書いている人の手伝いにはなるのかなと思います。
余裕のある方は是非利用してみてください。

created by Rinker
¥2,970 (2024/04/13 21:29:49時点 楽天市場調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました